株式会社フィッツプラス採用blog

株式会社フィッツプラスの管理栄養士採用blogです

管理栄養士インタビュー vol.1 (土谷千絵さん)

【在宅の仕事で管理栄養士の資格が活かせる】

仕事内容

・在宅での「毎食の食事チェック」サービス

・特定保健指導

を兼任

f:id:joincokopaddiet:20160920173947j:plain

Q.当社で働くきっかけを教えてください。

前職を妊娠を機に退職をして、社会との繋がることに不安がありました。家にいると時間を持て余すことが多く、何かしたいと思っているときに、当社の求人をみつけました。

「”なんか面白そう!”と思い、2時間ぐらい悩んでから、主人が背中を押してくれたこともあり、すぐ応募(笑)」

出産後、保育園に入れないことが分かっていたので、子供を見ながら、仕事ができることが魅力的でした。

Q.実際に、在宅での「毎食の食事チェック」のお仕事をされてみていかがですか。

食事コメントの件数をこなせるか、1つのコメントの時間内に出来るかの不安がありました。

今は時間のロスがないように工夫ができ、3ケ月で慣れてきて、コメントも目安時間よりも早くコメントができるようになりました。お子さんが寝たタイミングなどを見計らって、コメントするなど、隙間時間を上手に活用できています。

次はこれを伝えてあげよう。次はこれとイメージができるようになって、その方の食事の内容が変わると、やりがいを感じるようになりました。

自分の中でも、コメントがマンネリしないように、次々と知識を蓄積しながら、お客さまのコメントをしています。

Q.特定保健指導の仕事も始めてらっしゃいますよね。

授乳が間隔があく時を見計らって、外での仕事として、特定保健指導を始めました。子育てで煮詰まるときも、外に出て仕事をすることで、リフレッシュになって、バランスがとれています。

実際お会いして利用者の方とお話がスムーズにできたり、継続支援で成果が見えてくると、人の役に立てているという実感があります。

Q.両方の仕事をしてみてどうですか。

同じ会社での支援なので、栄養支援方法がリンクしており役立ってます。

在宅での「毎食の食事チェック」サービスで色々な食事をみて、食事のコメントを返していることで、特定保健指導の利用者へ、具体的な食事例が出せているように感じています。

Q.当社で働くことの感想を教えてください。

在宅の食事チェックの際の疑問や不安をすぐに相談できるリーダーの方がいて、自分のコメントについて、アドバイスをもらえたり、店舗の管理栄養士とも、やりとりができることで、在宅で一人でやっているではなく、一人のお客さまにチームで仕事をしていることを実感しています。

Q.やりがいについて教えてください。

卒業したお客さまから「土谷さんのおかけで、栄養バランスが分かるようになりました。」とコメントをいただくとやりがいを感じます。

食事はコツを覚えれば一生ものなので、パソコン上で出会った縁ですが、皆さんにコツ掴んでいただいて、卒業していただきたいな。と思いながら、仕事をしています。

お礼の言葉をいただくと、気を引き締めて、プロとして、生半可な気持ちではなく、
きちんとした知識を伝えていきたいという気持ち改めて持ちます。

特定保健指導でお会いする方には、しっかりサポートして、6ケ月後の成果についても、しっかり見ていきたいと思っています。

 ーありがとうございました。これからも是非、”食事のコツ”を沢山の方に伝えていただきますようお願い致します。