管理栄養士の働き方blog

【「正しく食べる」をあたり前の毎日に】管理栄養士の会社、(株)フィッツプラスです。フィッツプラスで働いている管理栄養士の、様々な働き方や考えをアップしていきます。時々社長も登場します。

新しい管理栄養士の働き方!介護も子育ても趣味もやりくり出来る仕事って?!

こんにちは 管理栄養士の二渡です。

私は、短大の栄養士過程を終了後、仕事をしながら管理栄養士の資格を

取得し、委託給食の会社を経て直営の施設で13年働いていました。

 

f:id:joinfitsplus:20170919102416j:plain

 

管理栄養士の資格取得が30代、結婚も30代、仕事も順調に楽しくこなして

いました。しかし、子供が生まれるや否や実母が若年性認知症・・・・・。夢中で子育てと介護と仕事をこなしていましたが、さすがに正社員の時間拘束と子育てと介護は限界が来ました。

 

認知症が進んだ母を有料老人ホームに入所させた後、もう少しゆっくり働きたい

なあと願っていました。

 そんなときに、在宅で出来る、フィッツプラスの特定保健指導のお仕事を見つけました!

神様が味方をしてくれたのかもと思いました。(笑)

 

▼特定保健指導で活躍している管理栄養士さんをもっと見る

joinfitsplus.hatenablog.com

 

 そして、迷わずすぐにフィッツプラスに応募しました。

まだ在職していたのですが、本部の方の気配りで休み時間や公休の日に連絡を下さり、本当にフィッツプラスで働きたい!と思いました。

その後、テストに合格したので、施設の仕事は退職しました。

 

今までは公休を母の通院日にあてていたり、子供の学校行事も参加を我慢していたり、大好きな書道も16年我慢していたのがいっぺんに解消されました。

しかも、誰かの健康管理に役に立てる、管理栄養士の本来求められるお仕事ですよ!

 

特定保健指導の仕事はライフワークに合わせて出来ますし、本部の方から連絡が届くとスマートフォンに情報が来るので、無理のない範囲で受託可能です。

 

初回面談後は、PCでフィッツプラスの登録画面に打ち込む作業がありますが、面談時

にしっかり記録しておけば大丈夫ですし、様々なお仕事をされている方のサポートをするのは、自分のスキルを上げる勉強にもなります。半年間の支援でどれくらい被保険者様の役に立てるか、それが今の私の特定保健指導での目標です。

 

子供の成長に従い、遠方での出張特定保健指導も出来たら素敵だなあと思っています。お仕事で困ったことや分からないことがある場合は、すぐに相談出来るサポートシステムもあり、在宅で一人悩むこともありません。

 

管理栄養士としての仕事を辞めずに、自分や家族の健康にも気を配れるフィッツプラスのお仕事。管理栄養士の資格をもっている人がフィッツプラスで働くと未来予想図が描け、色々なことにチャレンジする意欲を燃やし、たくさんの方を健康に導くお手伝いが出来るという特典がついてくると思います。

 

ぜひ私たちと一緒に働いてみませんか?

 

\パソコン1つでOK!/