管理栄養士の働き方blog

【「正しく食べる」をあたり前の毎日に】管理栄養士の会社、(株)フィッツプラスです。フィッツプラスで働いている管理栄養士の、様々な働き方や考えをアップしていきます。時々社長も登場します。

仕事をしながらでもスキルアップする方法って?

こんにちは、管理栄養士の仁科です。

前回は、私が管理栄養士を志したきっかけをお話ししました。

 

前回の記事はこちら↓↓

管理栄養士になろうと思ったきっかけは? - (株)フィッツプラス 採用ブログ

 

 

今日は、私が栄養士として短大を卒業してから、どのように色々な資格をとっていったかをご紹介します。

 f:id:joinfitsplus:20180823164233j:plain

最初に勤めたのは、企業向けのお弁当屋さんの栄養士でした。

栄養士としての2年の実務経験を積もうと考えていましたが、

調理師は1年の実務経験があれば試験を受けられるため、まずは、調理師試験を受けて資格を取得しました。

※現在は管理栄養士国家試験の受験資格を得るための実務経験は、3年と定められています。

 

その後、お弁当屋さんではスーパーに惣菜も卸していたので、三級惣菜管理士の資格を取得しようと勉強しました。

独学に加え、2回程度の講習会(必須)を受講し、試験を受けたところ、合格しました。

 

今は、Webで講習会が受けられる時代ですが、当時は東京会場まで行かなくてはならず、少し面倒だったことを覚えています(笑)

 

f:id:joinfitsplus:20180823171020j:plain

ただ、人間、一度高みを目指すと、さらにもっと上を目指したくなるものです。

 

そこで私は、お弁当屋さんを3年で辞め、委託給食会社に転職しました。

最初は90名程度の特別養護老人ホーム(特養)に派遣され、入居者様の食事の調理や材料の発注や管理をしていました。

 

次に、産婦人科・内科・整形外科・人間ドックを行っている病院に派遣され、普通食から流動食、糖尿食、肝臓食、腎臓食、産科食、人間ドック食といった、病態に合わせた食事の献立作成と、調理や食材の発注を行っていました 。

 

f:id:joinfitsplus:20180823170453j:plain

そして委託給食会社の場合、新規の委託先などが発生すると、他の施設からのヘルプを雇い、応援体制でスタートしますので、いつもの勤務先とは規模が異なる、総合病院の仕事なども垣間見ることが出来ました。

※もちろん自分の施設に空きが出ないよう、ヘルプにいきます!

 

そうして委託給食会社で色々な経験を積んでいるうちに、めでたく管理栄養士試験に受かりました。

 

f:id:joinfitsplus:20180823170207j:plain

 

その後、お礼奉公もかねて、合計5年、同じ委託給食会社で働いた後、直営の社会福祉法人の特養に転職しました。

転職先の特養にいる間には、咀嚼学会が運営する健康咀嚼指導士を勉強し、資格を取得しました。

 

f:id:joinfitsplus:20171107163447j:plain

 

その後、子供が成長するに従い、習い事やスイミングなどをさせるのに、在宅で出来る仕事がないかなと探していたときに、スキルアップも可能で、様々なweb講習を受けさせてもらえるフィッツプラスの仕事を見つけました。

 

フィッツプラスでは副業もOKなので、フィッツプラスの特定保健指導のほかに、産婦人科のアルバイトもこなし、資格を生かしながら、充実した毎日を過ごしています。

 

子育てする管理栄養士の皆さん、フィッツプラスがいいですよ♪

ぜひご興味ある方は、ご応募くださいね! 

 

 

\自分のペースでしっかり稼ぐ!/

fitsplus.co.jp