管理栄養士の働き方blog

【「正しく食べる」をあたり前の毎日に】管理栄養士の会社、(株)フィッツプラスです。フィッツプラスで働いている管理栄養士の、様々な働き方や考えをアップしていきます。時々社長も登場します。

特定保健指導の一日とは?

こんにちは、仁科です。今日は私が特定保健指導を行う一日の行動を

お話させて下さい。

 

 

先ずは、前日にアポイント確認電話です。

被保険者様にお会いする前は相手様も私も緊張の一瞬ですが、

電話というもの初めての印象を良くも悪くもします。

 

f:id:joinfitsplus:20171121124258j:plain

 

電話を掛ける前は深呼吸をし、笑顔でワントーン高い声でフィッツプラスの

一員として自信を持ってかけるようにしています

 

 

▼他の仕事についてもっと詳しく見る

joinfitsplus.hatenablog.com

 

 

初回面談当日です。

 

待ち合わせ時間に遅れないように余裕を持って

指定された場所や企業様の会議室などに向かいますが、

やはり服装は無難な黒や紺色などのスーツを着ると自分自身が落ち着きます。

 

 

何しろ、主役は被保険者様なのですから、

こちらは黒子で控えめにがいいようです。

 

対象となる被保険者様一人一人の事前の健康診断の情報はとても大切です。

何故、この数値が高いのかわからない方もいます。

でも、否定することなく寄り添いつつ、かつ効果あることは、大胆に私はお勧めしています。

 

独身者や既婚者、女性やご年配の男性、色々な人生経験を経ている方など特定保健指導でお会いする方は本当に様々です。

 

ですが、フィッツプラスの場合、

性格別アプローチ研修など様々なプログラム研修がありあまり心配する必要はありません。

そして、私自身が特定保健指導のお仕事でお役に立つことが好きなのが一番

自信に繋がります。

 

 

男性は、フィッツプラスから渡されたスターターキットが一番分かりやすいようですが

女性の場合は、スーパーのちらしを私が持参し○×で説明したほうが頭に入りやすいようです。更に女性の場合は、年齢を重ねてもいつまでも美しくいて頂きたいので、どのようにすると効果的が現れるかを同じ女性として応援するプログラムを私自身で考えています。

 

 

どの方も特定保健指導を受けることに不安と、自分自身の年齢とともに身体が変化したことを認めたくない気持ちがあるようです。

 

フィッツプラスの半年での保健指導でのサポートをお伝えすると皆さん、

保健指導って難しくなくて一人で悩まないで済むから頑張れそうと言って下さいます。

 

訪問型の場合、予定時間を過ぎてしまうこともありますが

「6か月間よろしくお願いします♪」と言うと、当初はぎこちなかった皆さんが

笑顔で嬉しそうに席をお立ちになるときは、こちらも本当に笑顔が止まりません。

 

管理栄養士の皆さんフィッツプラスで特定保健指導のお仕事をしてみませんか?

fitsplus.co.jp